風俗店が体験談を作るのではない。体験談が風俗店を作るのだ。

デリヘルに感動しました!

先日風俗に久々行ってきました。いや、正確には風俗を利用したという表現が正しいのかな。笑利用したのはデリヘル。

今まで店舗型のファッションヘルスやメンズエステなんかを主に利用していた私ですが、今回初めて女の子が訪問してくれるタイプの風俗、いわゆるデリヘルに初トライしたんです。

いやぁ~、プレイも最高だったんですが、それ以前にホテルの部屋で一人、女の子を待つ時間がたまらなくドキドキして興奮しましたね。

まるで初めて付き合った女の子が家に訪ねてくるような感覚?あんな感じのドキドキ、ソワソワ感。笑20年ぶりくらいに味わいましたわでもいい歳こいてああいう青い気持ちになれるのって新鮮でいいなぁと思いましたよ。

それと同時に自分も老けたんだなぁって。笑まぁ、プレイは当たり前に最高でしたよ。特に手コキのレベルが非常に高くて年甲斐もなく2回射精してしまいました。本当、若返った気分。デリヘル、今後も利用しようと思いますっ!

デリヘル嬢に風邪を移されて勲章だと?

デリヘル嬢にから風邪を移されても勲章だと思っていた時代が私のなかにもありました。それこそまともな彼女すらできたことない(まあ今も出来たことない)時代ですが、「女性から風邪を移されるのは勲章」ぐらいに思っていたのですよね。

ですから、相手はデリヘル嬢なんですが、風邪を移されちゃったら、「いやー、彼女が風邪をひいてたみたいで移っちゃいました」ぐらいのことをちょっと自慢げに言っていたのですよね。あの頃の自分を殴ってやりたい衝動には駆られておりますが。

40代働き盛りになって痛感することは、体調がよくないと仕事が辛いので、「デリヘル嬢から風邪を移されている場合か!」ということですね。

それに男はみんなやっていることだとは思うんですが、たとえ相手がデリヘル嬢ないし風俗嬢であったとしても、他者に伝える際には「彼女」変換されていますよね。そこは見栄とかではなく、ごく自然な形にて。

けれどもまあ、これまでの人生でわかったことと言えば、こっちが移してしまった側だったらキレられると。

デリヘル嬢の髪がチェンジでチェンジ

品川のお気に入りのデリヘル嬢は黒髪ストレートだったのですが、ある日黒髪は黒髪のままだったのですが、ソバージュにしてきてしまって、そのことで気持ちが一気に冷めたことがあります。そして気がついたことと言えば、やっぱり人は見た目だということなのです。

デリヘル嬢やソープ嬢に関しても。だって、黒髪ストレートがキレイだったデリヘル嬢ですが、ソバージュにしたところでそのなかにある顔自体は変わらないわけです。

けれどもソバージュというかスパイラルパーマ?にして、突然ファンキーになってしまって、なんだかこっちも気持ちが一気に冷めてしまったんですよね。

それでこれがデリヘルではない日常のなかで出会った男女関係でしたら、「外見じゃないでしょ。中身で私と付き合っていたんでしょ」といったような展開になるのかも知れませんが、いかん見た目がすべてな風俗の世界ですから、簡単に他のデリヘルに行くことができるわけです。

その点において、デリヘルよかったなーと思いましたね。
品川デリヘル[駅ちか人気デリヘルランキング!!]